学資保険で将来を幸せに

学資保険に入っている親が多い

最近は女性も男性も関係なく、大学受験をします。大学は高校までと違い、専門の勉強をすることが多いです。高校生までは、あまり将来について考えたことがない人も、大学で自分が働きたい会社を見つける人も多いです。しかし、行きたい大学が県外にあることも多いので、実家から通えなくなります。その場合、ほとんどの人が一人暮らしを始めます。大学の学費と、一人暮らしの家賃や光熱費を学生が払えないので、親が出すところが多いです。入学金や、教科書のお金も必要なので、親は子供が産まれたばかりの時から学資保険に加入している人が多いです。毎月一定の保険料を支払い、子供が大学に入学する18歳を満期にしている人が多いです。学資保険とは、親が18年間子供を思って貯めた貯金と同じようなものなので、子供は大学に通えることを感謝しなければいけません。

学資保険の特徴をチェックしてみよう

保険にはさまざまな種類がありますが、そのうちの一つに学資保険というものがあります。学資保険とは、どのような特徴を持つ保険でしょうか?この保険は子供保険と呼ばれることもありますが、子供のために加入する生命保険となっています。子供の成長に合わせて満期を設定し、満期を迎えたら大きな保険金が受け取れるというシステムになっています。満期として設定するのは17歳や18歳といった進学時期になります。その間にもお祝金が受け取れるようになっているので、中学校に入学したり高校に入学する際に便利です。学校に進学するときは何かとお金が掛かります。中学校や高校なら、制服を作らなければなりませんね。多少なりともお祝い金が受け取れることはメリットになるでしょう。18歳では大学へ進学するための学費が必要です。高額の教育資金を少しずつ貯められるというのが学資保険の特徴です。

学資保険の特徴的な用語を調べてみよう

学資保険への加入を検討している方は、保険商品を比較するために必要な保険用語について事前に確認しておくといいでしょう。学資保険の場合は、一般的な生命保険とは少し違う点があります。まず、保険契約者ですが通常は本人が保険契約者となりますね。しかし、学資保険は子供のための保険になるため、子供の名前ではなく親が保険契約者になります。保険の対象となる子供を特定するために、被保険者が子供の名前になります。保険金の受取人は、保険契約者である親ではなく子供になります。保険商品によって呼び名が変わることもありますが祝金というものがあり、子供が中学校や高校に入学する際に合わせて受け取れるようにしておくことができます。保険期間が満了したときに生存していれば、生存給付金が受け取れる保険もあります。多くの保険会社が販売しているので、じっくり比較してみましょう。

小学校受験の前に、志望校の生徒や関係者から話を聞いて情報を集めるのはとても大切です。 小学校受験対策を行う幼児教室の伸芽会では、毎年名門小学校の先生を招いて、個別の面談会を開催しています。 志望校の校風を知ったり、自分の子供と合うか、家庭の教育方針と合うかなどがわかってとても好評だそうです。 その他に、伸芽会では模擬面接も実施。本番と同じ雰囲気で面接や質疑応答が経験出来ます。 小学校受験は、家庭と幼児教室との連携で合格を目指してはいかがでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*