学資保険に入っていると必要な時にお金が用意できる

子供が成長するのは嬉しいものですが、節目節目にまとまったお金が必要なことってありますよね。大学に入るときもそうです。受験代から始まって入学金や授業料も必要になりますし、1人暮らしを始めるのなら家賃や生活費なども必要になります。家電製品や家具も揃えないといけないし親も大変です。受験前にも塾などの費用がかかっていますし。入学金や授業料が用意できないときは奨学金を受けるという方法もありますが、今奨学金を返せない人もとても多いそうです。経済が良い時は順調に支払えていても、不況になると会社が倒産したり不測の事態がおこって支払えなくなる人も多いようです。やはり親が教育費だけは用意しておいてあげるのが良さそうです。そんな時のために学資保険に入っておくと助かります。必要になるときにちゃんとお金が用意できる上に、親に万が一の事が起こっても保険なので保障を受ける事もでき家族の生活が助かります。

学資保険なら万が一の事があっても学費が用意できる

あるタレントさんが専門学校に行った時に学費が2年間で300万かかったけど、親は何も言わずポンと出してくれたと言っていました。専門学校って学費高いんですね。まあ教材費とか色々あるでしょうけど国立大学に行くよりずっと高い。大学も医学部とか学費が高いところがありますが、親は大変です。特に子供が2人とか3人いると、人数分の学費を用意しないといけないのでお金をしっかり貯めておかないといけません。学費だったら学資保険も便利ですよね。最近は貯蓄性の高いものが人気で、子どもが進学する時にお金をしっかり貯めておけますし、万が一の事があるとその後は払い込みをしなくても満期になるとお金を受け取る事ができます。この保障があるのが保険ならではです。親が子供にしてあげられる良いことの1つが、きちんとした教育を受けさせる事とよく言いますが、その為には資金作りをしておかなくてはいけません。

学資保険のおすすめは

私には現在1歳5か月の息子がいるのですが、まだ学資保険には加入していません。早く加入しなければいけないと焦っている一方、さまざまな保険があるからしっかりと比較して検討をしたいと思っている部分もあります。数日前、パンフレットをもらってきたのはいいものの、自分の時間はないためまだ目を通すことすらできていません。自分自身でコツコツ確実に貯金をできるのならいいのですが、なかなかうまくいきませんよね。遅くても年内にはどの学資保険にするのかを決めようと思います。いつも後回しにしていると、数年後子どもが大きくなったときに後悔することになると思うからです。みなさんはお子さまの学資保険を選んだ際、どのような選び方をしたのでしょうか。決め手となったポイントはどのようなところだったのでしょうか。とても興味があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*