学資保険の特徴を知ろう

生命保険には掛け捨て型と貯蓄型がありますが、貯蓄型の保険の一つに学資保険と呼ばれる保険があります。子供が成長したときに掛かる教育資金を貯蓄するために親が契約する保険です。教育資金が必要になるのは、高校に入学したり短大や大学、専門学校に入学するときでしょう。15歳や18歳という年齢を保険の満期に設定するのが特徴です。もちろん教育資金を貯蓄することだけを目的としているのではありません。貯蓄だけなら銀行の定期預金を利用すれば良いことになってしまいます。学資保険というのは生命保険の一つですから、医療保障も付けることができます。子供が病気やケガで入院したり手術を受けることになった場合に医療保障が受けられるのです。いざというときに慌てることがないよう、大人が生命保険に加入するように子供の医療保障も必要です。

学資保険に加入するメリット

子供が誕生したら誰もが検討することになるのが学資保険でしょう。子供の将来のためにしっかり教育資金を貯めなければなりません。高校への進学率は、ほぼ100%と言われていますし、大学への進学率も50%を超えています。大学に行かなくても専門学校に行く子供さんは多いでしょう。いずれにせよ子供が成長したとき将来を選択できるように、親としては資金を準備しておく必要があるのです。教育に掛かるお金は、それぞれのご家庭によって差が出ると思いますが、公立以外に私立の学校に進学する場合もあります。私立学校に通った場合は、総額で2000万円以上のお金が掛かるとされているのです。学資保険なら、一度加入すれば毎月自動的に保険料を支払うことになります。銀行に預ける貯金の場合は、余裕のないときには貯金しないといったことも考えられますね。

定期預金ではなく学資保険を選ぶメリットとは?

子供の教育資金を貯めるために加入するのが学資保険です。この保険は生命保険の一つであり、生命保険会社などで取り扱っています。この保険に加入することのメリットについて考えてみましょう。子供の教育資金を貯めるだけなら、銀行などの金融機関で定期預金を利用しても構いません。定期預金ではなく、あえて学資保険を選ぶことのメリットは返戻率の高さにあります。長い年月を掛けて保険料を支払う保険ですから、無理のない金額で設定することができます。それでも満期を迎えたときに受け取れる満期保険金が定期保険よりも有利なのです。また、子供のための学資保険ということで、毎月確実に保険料を支払うことになるでしょう。他の出費は節約しても、保険だけは支払い続ける親御さんが多いですね。さらに、万一の際の保障が付いているというメリットもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*